2月 032015
 

元々、乳酸菌、ビフィズス菌は乳酸を造り出すという部分では一緒なのですが、ビフィズス菌の方はそれに加えて、酢酸などの殺菌力を持つ成分も造り出す力があるのだ沿うです。だから、ノロ対策に効果があるとされているのですね。
近頃は、いろんな感染症の話を耳にするので、摂るといいかも知れません。
運動不足は筋肉の衰退に限らず、体の不調にも関係してきます。
中でも女性に頻繁に症状として見られるのは便秘なのです。運動不足の解消のため、通勤時に走ってみたり、、食物繊維をたっぷり含んだ食品を増やしたりするのが良い方法です。後、可能なら、便秘にならないようにするため、、一週間に1、2回はウォーキングしたり、好きな運動をして体を動かした方が良いです。以前より、乳製品のヨーグルトは便秘解消に効くといわれますが、私が試してみると、たくさん食べないと、それほど効果がない気がします。日ごとに1パックぐらい食べて、やっと便通があるという感じです。ヨーグルト好きはいいですが、好きではない人も、ジャムを入れて味を変えるなどして可能な限り摂取すると効果アリです。乳酸菌が腸や身体に良いはたらきをするというのは周知の事実です。
しかし、乳酸器は胃酸が不得手なので、せっかく食べても胃酸で死んじゃって効果が出ないのではというふうに期待していない人もいます。

しかし実際は乳酸器の生死は関係なく食べるだけで腸内の免疫機能が上って、従って身体全体の健康になってくれるのです。
あとピーにいいと言われている入浴剤をサンプルで受け取りました。
どんな商品でも沿うですが、実際、試しに使用してみないと品定めできないものです。
サンプルの入浴剤は肌によく馴染んで、良い印象をもちました。痛みを感じることもありませんし、皮膚が引っ張られるような感じもなくて、潤いをよく保ちます。私自身にとって乳酸菌サプリと言えば、やっぱりビオフェルミンなのです。
昔から市販されていたサプリであり、下痢や便秘や腹痛で苦しんでい立ときも、いつだって私のオナカを守ってくれていました。

CMでは「人には人の乳酸菌」と伝えていますが、私にとってみれば効果がある乳酸菌サプリは、ビオフェルミンです。

乳酸菌シロタ株と聞けば、ヤクルトでしょう。過去に白血病にかかり、闘病した経験のある渡辺謙さんのCMでも有名です。

見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドでめまぐるしい活躍をみせているCMの中で渡辺謙さんが薦めているのをみると、効果が高沿うな気分です。花粉症となってしまって以来、乳酸菌ドリンクを摂るようにしました。
2年前より花粉症を発症してしまって、延々とくしゃみや鼻水が止まらなくなりました。

治療薬を使うのは避けたいことだったので、テレビで取り上げていた乳酸菌サプリを飲んでみました。今のところは、これで花粉症はだいぶましになってます。

私は先天性のあとピーを持っており、コドモの頃は、親からの虐待を心配される程、痛々しい姿でした。

各種の治療法をやっても、効果が全くなかったのに、家を引っ越し立ところ、直ちに肌がきれいになり、酷い痒みもおさまりました。

思い切って住環境を変えるのも、あとピーに効果的かも知れません。よくある乳製品以外でも、含んだ食品が存在することをしり、乳酸菌とは一体何か調べてみました。
いろいろ調べてみたら、乳酸菌ていうのは乳酸の菌じゃなくて、化学反応を起こして乳酸を造り出す菌類のことなのだ沿うです。

これは常識なのですか?30年余り生きて来て、知らなかった事実を発見です。

 Posted by at 7:09 PM