2月 112015
 

最近は毎年恒例のように冬が来るとインフルエンザが大流行しています。
年々予防注射で予防する人も増加していきていますが、都市部では相当の数の人がかかる結果となっています。
いくつも感染経路は可能性がありますが、通勤中の電車や街中、職場など、大人数とふれる場所で感染することが考えられます。実はあとピーは、乳酸菌の摂取を積極的におこなうと、よくなるか持といわれています。

腸内に進入したアレルギーの原因物質には、IgEという名の抗体が発生します。

しかしながら、このIgEという抗体があまたの数、発生してしまうことにより、過剰反応となり、アレルギー発生につながっていきます。
あとピーを起こす原因とされているのですが、乳酸菌には大量にIgEが発生することを阻む働きがあるとされているのです。

私の子供があとピーだと医者からいわれたのは、2歳を迎えた頃です。膝の裏がかゆいと動作で訴えていたので、かゆみどめとして皮膚科でステロイドを処方されました。2年のあいだ、ステロイドを治療に使いつづけて、気をつけて様子を見ていたのですが、かゆみや皮膚の赤みは一旦ひいてもまたすぐにぶり返し、一向に回復した、という状態までいきませんでした。そのため、保湿剤から漢方薬に治療法を変え、ご飯の見直しも行ったら、ようやくそれらの症状も落ち着きました。乳酸菌シロタ株から連想されるのは、何といってもヤクルトです。

昔、白血病になり闘病した経験のある渡辺謙さんのCMをよく目にします。

あざやかに白血病との闘病生活から帰還し、ハリウッドで大活躍のCMの中で渡辺謙さんが薦めているのをみると、とても効果が期待でき沿うなような気がします。元来、乳酸菌が身体に優しいことはわりと知られている事実ですが、一方で効かないという説もあります。
この説も、本当かもしれません。何となくというと、当然、体質は個人差というものがありますし、乳酸菌はあくまで持ただの菌なので、すぐに効く薬ではないからです。
まず、合うかを試してから考えてみて下さい。

あとピー性皮膚炎は非常にキツイ症状になります。

時節関係なしに1年中痒みとの我慢くらべになります。夏場は汗をかくのでかゆみが増し、冬場になってしまったら今回は乾燥でかゆみが増します。
そして、食べ物にアレルギーがあることも多く、知らずに摂取してしまうと、痒みの症状だけで済まずに腫れたり、呼吸困難になる惧れもあります。
元々、あとピーに有効な化粧水を毎日使っています。

友達からすすめられた化粧水は、とても気にしていた私のあとピーを見違えるほどきれいに治癒してくれたのです。今まで見たくなかったはずの鏡を見ることが、たいへん楽しみになりました。

手がふれる度に素肌がサラサラになったことを感じています。この間、インフルエンザにかかりクリニックに受診しに行ってきました。どのくらいの潜伏期間なのかはっきりしませんが、どこかインフルエンザの人と同じ場所にいて感染したのだろうなと考えられます。

高熱が3日間もつづいて辛い思いをしました。インフルエンザは高い熱が出つづけるので、通常の風邪より辛いですね。
ぱっと乳酸菌から思い出すのはカルピスでしょう。

昔から、毎日飲用していました。
その所以は乳酸菌が入っているからです。
お母さんが毎朝、私に飲ませてくれました。
ですので、私は便秘になった事がありません。もしかしたら、カルピスを飲用していたおかげで丈夫な体になりました。インフルエンザを患ったら、とにかく栄養をしっかりと、摂らなければなりません。

市販薬も重要ですが、栄養を体内に補給することも大事です。

一刻も早くインフルエンザを完治指せるためにも、水分と栄養はきちんと摂取しましょう。

朝昼晩と食欲がわかなかっ立としても、胃に優しくて栄養満点なものを可能な限り食べて下さい。

 Posted by at 11:11 PM