10月 262015
 

私には乳酸菌サプリと言えば、やはりビオフェルミンです。

昔から市販されていたサプリであり、下痢や便秘や腹痛のときにも、たえず私のお腹を守ってくれていたのでした。
CMで「人には人の乳酸菌」と流れていますが、効果を実感できる乳酸菌サプリは、やはりビオフェルミンなのです。アトピーの角質層はセラミドという成分がなにもない状態の皮膚よりも減っていて、お肌の水分保持力やお肌を守る機能が少なくなっています。

これを補い正常に戻すには、保湿することがとても重要です。それ故に、お肌の表面を保護して、水分が蒸発するのを防ぐ保湿剤を使用が必要なのです。

実は、オリゴ糖は乳酸菌の増殖を助ける成分として高く興味をもたれています。

オリゴ糖を摂取した乳酸菌の活動は活発になり、おなかの悪玉菌が増えるのを抑え、内臓環境を整調してくれます。

乳酸菌とオリゴ糖は両者とも内臓のはたらき向上や健康には必須な成分です。
よくある乳製品以外でも、乳酸菌が入った食品があることをしり、乳酸菌て何だろうと調べてみました。

そうしたら、乳酸菌は乳酸の菌ではなくて、化学反応によって乳酸を創り出す菌類全般のことなのだそうです。このことを知ってましたか?30年余り生きて来て、はじめてわかった事実です。運動不足は筋肉が弱くなるだけでなく、身体の不調も引き起こします。中でも女性に頻繁に症状として見られるのは便が何日も出ないことです。

他お手場、通勤時にエレベーターをやめて階段を使用したり、ランチの際に食物繊維が多い食べ物を選んだりするのが良い方法です。

更に望めば、便秘を予防する意味でも、、週に1、2回はウォーキングにでかけたり、なにか動をして体を動かした方がいいと思っております。もし、赤ちゃんがインフルエンザを発病したら、はなはだ大変なことに陥ります。まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザがおこす高い熱に体が耐えうるのかが心配ですし、インフルエンザで命が危ないことも想定できるでしょう。そう考えても、インフルエンザがはやっている時には、赤ちゃんを外の空気に触れさせない方が打倒かも知れません。インフルエンザを患ってしまったら、最初に栄養をしっかりと、摂らなければなりません。薬や病院ももちろん大切になりますが、栄養を補給することも大切です。一刻も早くインフルエンザを治すためにも、水分と栄養の補給は忘れずに行いましょう。朝昼晩と食欲がわかなかったとしても、胃に優しくて栄養があるものをできる限り摂って頂戴。

最近の話ですが、アトピーを改善すると言われている入浴(江戸時代には男女混浴の銭湯が珍しくなかったのだとか)剤をサンプルで頂きました。どんなものでもそうですが、少しだけ使ってみないと効果が分からないものです。

その入浴(江戸時代には男女混浴の銭湯が珍しくなかったのだとか)剤は皮膚によく馴染んで、いい感触でした。ヒリヒリする事もありませんし、肌が引っ張られるような感じもなくて、潤いをよく保ちます。乳酸菌を毎日欠かさず摂っているおかげで、私はきわめて健康的に過ごしていくことが出来るようになりました。
毎日朝起きたら欠かさず、ヨーグルトを食べるように心がけています。ヨーグルトは工夫すれば味に変化をつけやすいですし、便秘知らずでいることができます。
乳酸菌を摂ることにしてから、肌の調子も良くなってきて、ダイエットにもなりました。乳酸菌が腸や身体に良いはたらきをするというのは誰でも理解できます。
ですが、乳酸菌は胃酸で弱るので、しっかり食べても胃酸で死んでしまって効果はあまり期待できないのではというふうに思っている人もいます。

でも実際は乳酸菌が生きて腸に達するかが重要ではなく食べるだけで腸内の免疫機能が上って、体の健康維持のために大変役たつのです。

 Posted by at 3:40 AM