10月 122015
 

1歳から5歳くらいの幼児がインフルエンザ感染し、熱が出た後、急にけいれんや意識障害、または異常行動等の症状が出るのがインフルエンザ脳症というものになります。

インフルエンザ脳症というのは、命の危機に関わることもある重篤な疾患であり、回復した後に後遺症が残ってしまう場合もありうるのです。いわゆる乳製品でなくても、乳酸菌入りの食品があると知り、乳酸菌について調べてみました。調べて見たら、実は乳酸の菌という意味ではなくて、乳酸を化学反応的なことで創り出す菌類のことになるのだそうです。

これは世間での常識ですか?ここまで30年以上生きて来て、初めてわかった事実です。

日々摂取している乳酸菌のおかげで、私はきわめて健康的になることができたのでした。

朝起きたら毎日欠かさず、ヨーグルトを食べています。
ヨーグルトは様々に味を工夫して楽しめますし、便秘に悩向ことなくいられます。

乳酸菌をちゃんと摂ることに決めてから、肌の方も調子がよくなってきて、ダイエットにもなりました。

特に便秘をなくすのに効果的だといわれているのが、乳酸菌が含まれたサプリメントです。自分自身腸内環境を整えることの大切さはわかっていても、ヨーグルトや乳酸菌飲料が好きではないという人も多数います。

後、毎日乳酸菌が入った食べ物を摂取しつづけるのは大変です。乳酸菌が入ったサプリメントなら、手軽にちゃんと乳酸菌を摂取することが可能ですので、便秘の解消に役たちます。
そもそも、インフルエンザは風邪と異質なもの知られています。大体、1日から5日くらいの潜伏期間を経て、急に高熱にまで達し、3日から7日ほどその状態が続きます。

種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢など症状が微妙に違います。

時として、肺炎を併発したり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、怖くもある感染症です。
乳酸菌シロタ株と聞けば、何といってもヤクルトです。
その昔、白血病を患い、病気を克服した経験のある渡辺謙さんのCMでも有名です。
見事に白血病を克服し、ハリウッドで大活躍の渡辺謙さんがコマーシャルで薦めていると、効果が高そうな予感がします。夜中に高い熱が出て、40℃を超えるほど上がって健康を害したので、次の日に病院に行きました。先生はインフルエンザが検査できるのですよと教えてくれました。

万が一、インフルエンザだったら、それにあったお薬を選んで貰えるので、検査したいと感じました。

わたしの母は重度のアトピー患者です。

遺伝したみたいで、私もアトピーを発症してしまいました。

皮膚がボロボロになってしまって、日々の保湿ケアが欠かせません。
しっかりとスキンケアをしないと、外出も困難なのです。
別に母を責めるつもりはないのですが、将来、私の子供にも遺伝するのではないかと思うと、悲しい気もちになります。乳酸菌を食べたり飲んだりすると色んな効用があります。
内臓、腸内の善玉菌を多くして悪玉菌を少なくし、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。

疫力アップに繋がり、あまたの健康効果を得ることが出来ます。
他にもアトピー性皮膚炎に対しても良い効果があったり、インフルエンザ等の感染症予防にも効果が期待できるのです。乳酸菌は身体の健康を促進するはたらきかけが高いとされているのです。

乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を造るという点では一緒ですが、ビフィズス菌にはそれ以外にも、酢酸などの殺菌力を持つ成分も創り出すはたらきがあるのだそうです。ノロウィルスの対策に良いと言われているのでしょう。ここ最近は、各種の感染症についての話を聴くので、意識して摂取するといいのかも知れません。

 Posted by at 11:07 PM