9月 032015
 

ヨーグルトは便秘を解消するのに効果があるといわれますが、私が経験したのは、大量に食べないと、あまり効かない感じがします。1日に1パック位食べて、お通じがやっとあるという感じです。ヨーグルト好きはいいですが、嫌いな人も、ジャムを入れて味を変えるなどしてなるべく摂取するとよいでしょう。

乳酸菌シロタ株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)と言ったら、ヤクルトでしょう。昔、白血病になり、闘病した経験のある渡辺謙さんのCMをよく目にします。
すっかり白血病を完治し、ハリウッドでめまぐるしい活躍をみせているCMでの渡辺謙さんのおすすめをみていると、大きな効果が期待できそうな期待が持てます。インフルエンザは風邪とは異なるもの知られています。
大体、1日から5日くらいの潜伏期間を経て、短時間で高熱に達し、その状態が3日から7日つづきます。

種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢など少々違いが見られます。

しかし、肺炎を伴ったり、更には脳炎や心不全を起こす事もあるため、怖れるに匹敵する感染症です。最近の研究成果でインフルエンザの予防のためには乳酸菌にとても効果があるということが分かるようになってきました。

インフルエンザはワクチンのみで全てを防ぎきることは出来ません。

常日頃から乳酸菌を摂取していくことで免疫力が上がって、インフルエンザの正しい予防となったり、症状を軽減する効果が高まります。

。私はとても頑固な便秘に困っていたのですが、今では少しずつ便秘が治ってきています。
便秘改善に効果があった方法は、毎日ヨーグルトを食べるっていう方法でした。

ユウジンがこの方法で、便秘を解消したという話を聞いて、私もやってみようと思ってヨーグルトを買いこんで毎日実行したのです。

ヨーグルトを毎日食べているうちに、だんだん治ってきて、今では、便秘で困ることもなくなりました。

お通じが悪くなると、体の中にあってはいけないものが体外に出ないため、口臭が感じられるようになります。

どれだけご飯のたびに歯磨きをして、フロス、マウスウォッシュで口の中を清潔にしても、口臭は腸から胃を通過して不要なものを排出しようとし、口臭の原因になるのです。
このような状態の時、便秘が改善されると、口臭もあわせて改善されると言われているのです。
昔から便秘のツボでしれ渡っているのは、おへそから両側に指に2本分程度離れたところに天枢(てんすう)が有名です。
また、おへその下5cm程度のところにある腹結(ふっけつ)というツボも効くと言われているのです。
手にも支溝(しこう)と外関(がいかん)と言われるツボがあります。便秘のパターンによっても、効果があるツボがちがうので、自分に合ったツボを押すことで改善につながるでしょう。実は、オリゴ糖は乳酸菌の増殖を助ける成分として関心を持たれています。

オリゴ糖を摂取した乳酸菌の活動は活発になり、おなかの悪玉菌が増えるのを抑え、腸内の状態を整えてくれます。
そう考えても、乳酸菌、オリゴ糖は両方とも内臓の働き向上や健康にはなくてはならない成分だと主張する事ができます。

息子がインフルエンザにならないための接種に伺いました。私は怖くて目をつぶるのに、娘はまだ6歳だが、注射をしっと見てうたれています。注射がしゅうりょうした後は怖かったーとつぶやしていました。

必要以上に怖いんじゃないかな?と想像しましたが、何も語れませんでした。私が便秘になったのは何となくというと、運動不足にあるのだと思います。毎日の通勤手段も車なので、あまり歩く事もありません。

犬などのペットがいる所以でもないので、散歩に出るようなこともありません。

そのような事情で、私は便秘なのだろうと思うのです。便秘の改善や予防のためにも、ウォーキングをすることにしました。

 Posted by at 5:58 AM